理想の二重になる手術

女の人

西洋人のようなぱっちりとした目に憧れを抱く人は少なくないでしょう。しかし日本人の多くは「蒙古ひだ」という器官を持っています。目頭を覆っている蒙古ひだがあると腫れぼったい一重になってしまうため、日本人には一重や奥二重の人が多いのです。アジア人の顔は西洋人に比べると凹凸の少ない骨格ですが、それも少なからず関係しているでしょう。二重まぶたになるためにはアイプチや二重テープなど、専用のグッズを使用することも効果的です。二重の線の癖がつくと自然な目元が手に入ります。しかし人によっては時間をかけても一重まぶたが改善されないことも考えられるため、必ず効果があるというわけではありません。確実に目元のコンプレックスを解消するためには美容整形が最適です。福岡の美容整形外科では埋没法や切開法など、様々な方法で二重まぶたを形成してもらえます。費用やリスクなどを考慮し、自分に合う方法を選択することが大切です。

福岡の美容整形外科では二重の手術を受けることが出来ます。特に埋没法は人気です。まぶたを1箇所から3箇所ほど糸で留め、二重の線を作るという方法の埋没法は、プチ整形の中でも需要が高いことで知られています。多くの美容整形外科が点在している福岡でも埋没法は注目され、プチ整形の代名詞とも言えるほどの人気を獲得しているのです。何と言ってもリスクの低さが魅力的で、仕上がりが気に入らない場合は手術をやり直すことも出来ます。糸が解けたり体に吸収されたりするため、その効果は半永久的ではありません。一度の手術で半永久的な二重を手に入れるためには、埋没法よりも切開法の方が向いているでしょう。切開法ではメスが使用されるため、縫合痕などが残ってしまう可能性があります。しかし最近ではより自然な見た目になるような配慮が成されるため、明らかに美容整形を受けたことを周囲に知られたくないという人にも最適です。くっきりとした二重の線が手に入ることで目が大きく見え、顔立ちをハッキリさせる効果も得られます。福岡の美容整形外科で二重の手術を受けるなら、埋没法と切開法それぞれの特徴を理解しておくと便利でしょう。費用も異なっているので、事前に確認する必要があります。カウンセリングで疑問を解消することも悪くありませんが、美容整形外科のホームページや情報サイトなどを参考にするのも良いでしょう。